cimon shoe nuts

作詞おきば

星の海

A

なんてことのない その日は

いつも通りに息をしていて

歴史なんて知らない顔をして

街はいつも通りに揺れている

 

幼い記憶を辿って

初めてがいくつも あったっけ

歴史なんて大したこともない

僕はいつも通りに家を出て

 

B

2時間弱 落ちつかない 人の 海の中

なんか テープみたいな

巻き戻していくように

そんな ゲームみたいな

世界だったら良かったかも

しれないな

 

S

でも遊んでるみたいに

真剣さに少しの冗談

リセットしようなんて 思わなかったんだ

時はきらきら流れていたから

 

でも遊んでるみたいに

過ごすなんて まるで嘘みたい

つき通して欲しいな 本当は嘘だとしたら

君はきらきらしていた それだけが

世界の正しさを 僕に 信じさせてくれた

 

A

なんてことのないその日は

いつも通りに息をしていても

歴史のせいにしたいくらいにさ

とてつもない速さで目が回る

 

幼い記憶がなかったら

ただ怠惰に過ごす 時間に

僕はきっと潰れてしまうんだ

たとえ掠れていく運命でも

 

C

2時間弱 ただそれだけの 時間 星の海

歴史がどこかに残るなら

いつか見渡せる日が来るのなら

間違ってなかったって

伝えてあげたいよ 僕に 或いは君に

 

S

そう遊んでるみたいに

真剣さに少しの冗談

貫いていて欲しいな 本当に 宝物だった

時はきらきら流れていたから

 

そう遊んでるみたいに

たまにはこういうのもいいな

なんてことのない日でも 本当は 大切で

時はきらきらしている

真っ暗に感じることもあるけれど

ただ きらきらと流れて いるから