cimon shoe nuts

作詞おきば

dyslexia

A

何もなかった いつか

世界と手を繋いで過ごした日々は

全部まっさらになって

思い出ってこんな簡単に

 

崩れてしまうんだなあ

世界に好かれよう そんなこと

思ってるわけないだろう

だからこんなことに なる訳

 

B

夜に意識はなくなって

そんなこと何度もやって

なんとなく 続けられるような気がしてる

 

S

だってそこにあったから

何も無い そこにあるから

好きだったものも

嫌いになりたかったことも

 

だってそこにあったから

何も無い そこにあるから

言葉には出来なくて

ただ伝えるよ ひたすらに叫んで

 

C

いいよ 別に どうでも

好きにしたら? そんな言葉で

何か変わることもあるのかな

この 瞳の 先が

 

S

でも そこにあったから

何も無い そこにあるから

好きだったものも

嫌いになりたかったことも

 

だって そこにあったから

何も無い そこにあるから

好きになれなかったこと

嫌いでいてしまったこと

 

S'

だって そこにはあるから

何も無い そこにはあるから

忘れられなくて

あんな日が来たら本当に

全部まっさらになって

思い出ってそんな簡単に

消えてしまうものかな

いいよ 別に どうでも

言葉には出来ないから