cimon shoe nuts

作詞おきば

滲むことのない

A

少しずつ薄れていく

そうだとばかり思ってた

その実ぽっかりと

頭の中には崖がある

 

少しずつ求めていく

それだけで確かに自分は

生きてるような気がしてる

そもそも生きるってなんだ

 

S

別に 死んでるわけじゃない

それでも生きてる気はしない

欲しいものがないように

捨てたくないものも特にない

 

それでも死んでるわけじゃない

だからか生きてる気もしない

じっと見つめてみた無表情は

"そのままでどうぞご自由に"

そんなふうに物語って いたような

 

A

少しずつ薄れていく

そうだとばかり思っていた

ただ悲しみは風になって

頭の中をしめつけている

 

少しずつ求めていく

それだけで確かに自分が

なにかに近づいていくこと

そもそも死ぬってなんなんだ

 

S

俺は 死んでるわけじゃない

それでも生きようとはしてない

欲しいものはなくなって

捨てたいものばかりで

 

それでも捨てたいものじゃない

ただひとつ そんなものもある

じっと見つめてみた無表情は

"今更遅いよそんなの"って

そんなふうに物語って いたような

 

C

死にたいから生きてる

生きたいのに死んでる

そんなものばかり溢れてるから

 

S

だから 死んでるわけじゃない

生きることにすがりたくもない

欲しいものは分からないだけ

滲むことのない確かなもの

 

そんな 死ぬこともないような

だけど 生きてもいないような

振り切らない 定められない 裁かれない

たった それだけでいいんだ

簡単だな

気づけないの?簡単だよ