cimon shoe nuts

作詞おきば

プレゼント

S

愛しさ

ぬいぐるみの心臓

揺らした

君の仕草に

可笑しさ

こみあげる前に

濡らした

あの 光のなかには いるんだ 君が

 

A

伝わらない文脈

すっ飛ばしていいから

フェルトみたいに 柔らかい

えぐり取る それはただ

 

S

愛しさ

がらがらと音を

たててさ

君の仕草を

なぞった

こみあげてくる

優しさ

あの 光のようだった 揺れていて 綺麗だった

 

B

愛しさ

鉛筆がひっかく音 鼓膜に張り付く 想い出

確かプレゼントは 心臓のある ぬいぐるみ

 

S'

愛しさ

それは見えない

優しさ

あの指が詰め込む

可笑しさ

こみあげる前に

濡らした 頬 思い出すよ

愛しさ 歌って 愛しさ 歌って