cimon shoe nuts

作詞おきば

月は綺麗だった

A

浜辺に立った君が

つまらなさそうに砂をすくう

海は冷たくて死ねそうだね なんて

やっと微笑む

 

僕はしゃがみこんで

つまらなさそうな君を見てる

心が渇いたそんなときには なんて

やっと微笑む

 

B

このままで良いとは思わない

だけど変わろうとも思わない

静かに時は波打つ

津波のように夢は覚める

 

S

「恥ずかしいから 服を着て

朝の光が照らす前に」

美しいから 君の目は

閉じないでいて ほしい

 

A

人混みの中で君は

踊るように 僕を誘う

みんな冷たくて死んでるみたい

だって私と同じだと

 

僕はしゃがみこんで

いつの間にかしてきた全てを

理解したそんなときに なんて

ありえないのに

 

B

このままで良いとは思えない

だけど変わろうとも思えない

静かに人は消えていく

夜の闇が僕らを 包む

 

S

「恥ずかしいから 服を着て

朝の光が照らす前に」

美しいから 君の目は

閉じないでいて ほしい

 

恥ずかしいから 忘れてほしい

朝の光が照らす前に

美しいから 君の心は

閉じないでいて ほしい

 

閉じないでいて ほしい