cimon shoe nuts

作詞おきば

君が夏を嫌いだって言うから

A

蝉 じいじい鳴いていて

心 わんわん泣いている

いつかに忘れて しまった

風景が乱暴に押し寄せる

 

B

クーラー ぶっ壊れていて何度も何度も

下げたかったんだ衝動 温度

鍋でも食べたいね 薄ら笑う

違う時空で生きたい

 

S

君が夏を嫌いだって 言うから

俺も好きにはなれなかった

花火も海もばか騒ぎも

勝手にやっててくれ なんて なんて

 

君が夏を嫌いだって 言うから

俺は楽しみ方を 探した

顔引きつってないかな

君が生きていたくない時間なんて

どうにか丸めこんで

地球の外に投げ捨ててやりたい

クーラー ぶっ壊した 何度も 何度も

 

C

蝉 かなかななく時間

心 打ち震えて 止まらないから

いつかを忘れたくはない

風景は心の 真ん中に

 

S

君が夏を嫌いだって 言うから

俺は好きでいようとしてみた

花火も海もばか騒ぎも

夢中になってみようとしたんだ

 

君が夏を嫌いだって 言っていたから

俺も嫌いだったんだ そうだろ

花火も海もばか騒ぎも

夢中になってしまえば

 

君が夏を嫌いだって 言うから

俺は楽しみ方を 探した

顔は引きつっていても

君を忘れるための時間 温度も

どうにか丸めこんで

地球の外に投げ捨ててやりたい

君は夏が嫌いだった そうだったな