cimon shoe nuts

作詞おきば

思春期

A

髪飾りをほどいて

振り向いた君の表情に

恋だとか安っぽい言葉で

表してしまいたくはない

 

季節が告げている

関係 進展 そして 崩壊

焼き付いて離れなかった

あの表情はもう どこにもない

 

B

セックスでも知ったの?

本当は解ってない

そんな触れちゃいけないような

ことは何もしてない

 

A'

髪飾りをほどいて

振り向いた君の表情に

どこまでも人間なんだ

触れるしか出来ないくらいに

 

S

夜がどれだけ温かいのか

知らなかった 知らなかったんだよ

狭苦しいこの 世界で

息をしつづけている錯覚

夜がどれだけ温かいのか

知らなかった ただ怖かったんだ

 

A'

そんな関係はほどかれ

振り向く時が来てしまった

恋だとか安っぽい言葉を

当て嵌めてほしい それだけ

 

S

夜がどれだけ温かいのか

知らなかった 知らなかったんだよ

狭苦しいこの 世界で

息をしつづけている錯覚

夜がどれだけ温かいのか

知らなかった ただ怖かったんだ

 

C

脳みそは穿たれて

覗き込めばきっと 帰ってこれない

セックスでも知ったの?

俺は知らない

きっと幸せな表情を

見ることは叶わなかったから

 

S

夜がどれだけ温かいのか

知らなかった 知らなかったんだよ

教えてほしくも なかった

首を締められている錯覚

夜がどれだけ温かいのか

知らなかった 知らなかったんだよ

狭苦しいこの 世界は

もっと狭くなってしまった