cimon shoe nuts

作詞おきば

純心は敗れた

A

汚物を見るように

君の顔を引きつらせてしまった

最後の記憶に俺はなってしまった

結局そんな自分を救いたいだけ

 

でも 未だに息は出来る

理由を辿ればそう確かに

君が微笑んでいた 時間に

いつでも心は浸ってられるから

 

B

誰かになりたい

でも自分も好かれたい

そんな我儘を認めずに

生きてしまったから今がある

 

S

そんな 俺のことは放っておいて

伝えたいことがあるんだ

なりふりかまうもんか ただ一つ

伝えたいことが あるんだ

 

A

向こう岸へ渡る

君の顔は真っ直ぐに前を向いて

最後の記憶に君はなってしまった

それでも そんな君も 好きだった

 

S

そんな 俺のことは放っておいて

伝えたいことがあるんだ

なりふりかまうもんか ただ一つ

伝えたいことが あるんだ

 

だから 君のことは放っておけない

伝えなくちゃいけない理由が

しわくちゃになるくらい ただ一つ

この心の中に あるから

 

C

それを見つめてきた

ずっと見つめてきた

答え合わせをしよう

向こうなんかじゃなくて 今 此処で

 

S

こんな 俺のことは放っておいて

伝えたいことがあるんだ

なりふりかまうもんか ただ一つ

伝えたいことが あるんだ

 

君の 笑い方とか悔しがり方

伝えてほしいこともあるんだ

なりふり構わずに泣いてみせる

そんな姿を俺だけのものにしたかったけど

伝えたいことがあるんだ