cimon shoe nuts

作詞おきば

Deep me

A

"君"から始まるような

盲目でいてもいいんだとか

そんな ものばかりに囚われて

独りで 今を生きている

 

僕から言えることは

何もないけど どうしても

残さなくちゃなあとか 何故だか

瞳は前を向いている

 

B

過去にしか無い激情が

未だに心の裾を引く

いつか崩れ落ちた時に

たった一人だけでも いいから

誰かに僕もただ そうなりたい

 

S

どこまでも埋もれてみる

仄暗い 海の底まで

生命が 其処には横たわって

いつかただひとつになって

 

哀しみも 快楽も 切なさも

ごちゃまぜになってなお輝く

選び取られるようなこともない

そんな ものになりたい

 

そんな ものでありたい