cimon shoe nuts

作詞おきば

複雑な関係

A

眠たそうにしている

君の声を聴きながら

とめどない足跡

その終わりを静かに想像していた

 

まだ陽は昇らない

大好きな景色は見えない

とめどない足跡

その終わりに騒々しい様子は似合わない

 

B

音に埋もれて

なだれ落ちていくことがあるだろう

誰かが不意につぶやいた

「ほんとは好きでもないんだね」

返事をする由は なかった

 

S

ありのままに生きて

多少の好き嫌いがあって

興味が大してないって 気づいて

どうしようもなく 嫌になる

 

ありのままに生きて

朝が来ないような気がして

いつまでもそんな海に 溺れて

呼吸の 必要も

なくなって

 

A

眠たそうにしている

君の声が明るくなる

求められているような

勘違いをしたって いいんだよな

 

S

ありのままに生きて

多少の好き嫌いがあって

興味があるとも 言うんだって

誰かが教えてくれて

 

C

太陽が生まれる時を

ただ静かに見つめたい

こんな気持ちになるんだろう

置いていかれないようにしなくちゃ

 

S

ありのままに生きて

多少の好き嫌いがあって

興味が大してないってなんだって

どうしようもなく 笑えてくる

 

ありのままに生きて

朝がいつまでも来なくとも

夜に溶けながら思うんだ

きっと どこまでも綺麗な朝が来るって

好きにも嫌いにもなれるよ

ありのままで良かったんだ