cimon shoe nuts

作詞おきば

もう届かないのなら

A

ハロー ハロー

何回目だっけ どうでもいいか

多分何年後かの僕は

そんなことを考えている

 

B

誰に宛てるでもなく

なにかを伝えたいわけでもなく

 

A

ハロー ハロー

いまは何位だっけ そんなことが

多分気にしていないようで

首の裏でずっと引っかかっているから

 

S

比べるって残酷なんだよな

他人を好きでいられるのは

いまどれくらいの距離で、とか

そういうの全部すっ飛んでるからって

思わない? もし思わないなら

君が一番愛している人の 心の

君はどこにいるんだっけ

 

意地悪でごめんね

皆こんなんじゃ なくなればいい

僕もそう思うよ 本当に

 

C

ハロー ハロー

そんな声でさえも

君には向いていなかったのなら

かき消されてしまえばいいのに、全て

 

S

比べるって残酷なんだよな

他人を好きでいられるのは

いまどれくらいの距離で、とか

まつわるあらゆるものが

愛おしいから

 

比べるって残酷なんだよ

誰とも並んでいたくない

僕は僕で 君は君で

勝手に歩いていけばいいのにな