cimon shoe nuts

作詞おきば

Iridescent

A

無駄に生きてきてさ

知らなくてもいいことばっか

たらふく 味わってきたよな

メンヘラとか ずいぶん安くなったな

君はどんな味するかって 形容するのに

ケーキにのったイチゴくらいの

その程度の言葉で

 

S

わたし何色に見える

君がつまんなさそうに

俺を喩えたあとに聞き返してきたことを

なんかよく 覚えてるよ

何色なんて浮かびもしなかったことも

覚えてるよ

 

A

無駄に生きてきてさ

知りたくてたまらないことが

くだらない ことだったなんてさ

通り過ぎて 振り返ってみたって

君の後ろ姿なんて 形容できないよ

似たような人を並べられたら

その程度の 興味で

 

B

それが一番 知りたくなかった

なんとなくだけど

人を求めなくちゃいけないなんて

勝手に思ってたんだよ

何が欲しいのかとか もちろん

知らなくちゃなんて

 

S

わたし何色に見える

君がつまんなさそうに

俺と結んだあとに聞き返してきたことを

なんかよく 覚えてるよ

何色なんて喩えられなかったことも

覚えてるよ

 

わたし何色に見える

君がつまんなさそうに

俺を喩えたあとに聞き返してきたことを

なんかよく 覚えてるよ

何色でも似合うなんて つまんないことを

言ったっけ 覚えてるよ