cimon shoe nuts

作詞おきば

myself

S
弱音を吐く
努力なんて出来そうもない
そんな自分を慰める
歌ばかりを作るよ
それでも聞いてくれる?

 

A
はじめて好きになれたものを
もっともっとって 思っていた
比べる意味など ないのに
僕はああなれるだろうか なんて

 

はじめて諦めたんだ あのとき
ずっとずっと悔しかったんだ
見つめる意味など ないのに
限界しか目に映らなかった

 

S
弱音を吐く
努力なんて出来そうもない
そんな自分を慰めて
口ずさんでいるよ
それだけ続けている

 

心渇く
自分を愛することも無理
そんな自分に差し伸べられる
手を誰かが持っているなんて
信じたりもしたよ

 

A
はじめて好きになった人は
いつの間にか忘れてしまった
比べることも出来ないのに
もしかしたらそうかもなんて

 

B
生まれた意味とか
誰かに決めてもらわなきゃ
いけないんだっけ
それも一つ 生きていくために
必要なことかもなあ

 

S
弱音を吐く
自分を愛せないなら なんて
そんな自分を認めて
歌ばかりを作るよ
君のためじゃない

 

心渇く
努力なんて出来そうもない
そんな自分に差し伸べられる
手を誰かが持っているって
信じてるけど

 

頼らないよ
自分を愛することは無理
そんな自分を認めて
口ずさんでいるよ
これだけは続けられる
誰かのためじゃないから
自分のためでも ないから きっと