cimon shoe nuts

作詞おきば

悪夢に手を振りたい

S

それはまるで 目の覚める 予感

殺人鬼と夢の中 目があった瞬間のように

それはまるで 目を覚ます ための

儀式のようだった 追い詰められたがっていた

くだらねえ、人生だったって

 

A

手紙でも書こうか

誰に宛てるでもない 手紙でも

そういえばそんなようなものを

腐るほどしたためてきたなぁ

 

手紙でも書こうか

一通 忘れられないものがある

そういえばそんな想い込めた

ことなんて今まで なかったなぁ

 

B

小さな窓を求めて

少しだけ世界とはさようなら

いつか終わるとは知っていても

求めてしまうよ 夢の中へ

 

S

それはまるで 目の覚める 予感

殺人鬼と夢の中 目があった瞬間のように

それはまるで 目を覚ます ための

儀式のようだから 前を向いてしまったんだ

どこまでなら 逃げられるかなぁ

 

A

びっくりしたよなぁ

誰も 同じ目になんて合わない

そういえばそんなようなことを

教わってた覚えもあるけどな

 

B

小さな窓を求めて

少しだけ世界にご挨拶

いつか始めなきゃ いけないから

求めてしまうよ 君のことを

 

S

それはまるで 目の覚める 予感

殺人鬼は夢の中 踊り狂っていたんだ 実は

それはまるで 目を覚ます ための

儀式のようだった 振り切りたいようだった

くだらねえ、人生は嫌だって

 

S

それはまるで 目の覚める 予感

殺人鬼と夢の中 目があった瞬間のように

それはまるで 目を覚ます ための

儀式のようだった 追い詰められたがっていた

それでも言えるから君に おはようを