cimon shoe nuts

作詞おきば

夜にないている

A

よく見て 俺の知るすべて

叶えたい願いとか 少しだけ

今なら 分かる気がするよ

ほんの些細なお願いだって

 

よく見て 星は見えなくとも

叶えたい願いは胸の中に

流れて なんて祈らないで

その瞳の中をかき消して

 

S

言えないなんてそんなことないよ

誰よりも心を 突いていて

その細くなる目が 認めた

優しさは魔法なんだ

 

A

よく見て 俺が抱えている

叶えたい願いは 少しずつ

君だけが 分かる気がしていて

瞑るよ 瞼の裏に 君が いるように

 

B

全て知らなくちゃ認めなくちゃ

そんなことを思っていても

いいんだよ それも輝いて

君を君たらしめる魔法に なっていくから

 

S

言えないなんてそんなことないよ

照れくさいだけ そう信じて

交わす思いの丈に溢れる

優しさは魔法なんだ

 

見えないなんてそんなことないよ

俺だけが見られる 君がいる

そして君の瞳に映ってる

優しさは魔法なんだ

そう信じさせてくれた

君の優しさも魔法なんだ