cimon shoe nuts

作詞おきば

彩色

A

ぼくはね

芸術とかが世界を救うなんて

微塵も思っていないんだ

誰かのためではない

そんなわがままに色は感じない

 

S

きみはきみで

人間に生まれてきたって ことくらいしか

ぼくと同じ部分はないんだ 本当は

共感なんて嘘だ

嘘なんだろ そういってくれ

勝手に 揺らさないでくれ

 

 A

ぼくはね

あの雨の日だけがぼくみたいだったって

ずっと思っていたんだ

涙みたいだとか

そんなわがままに 感じてしまって

 

S

きみはきみで

「人間に生まれてきてしまった」って

ぼくに瞳すら向けずに 本当の

思いを嘘だって

「嘘なんだよ ばかじゃないの?」

そんなことを吐き捨てて

 

C

そんな風景に 繋ぎ止められ

交わることのない 想いにただ

色をつけてみたくなっても

別におかしくもないだろう

分かる気がするよ その色の理由が

 

A

ぼくはね

芸術とかが世界を救うなんて

微塵も思っていなかったんだ

何のためにとか

そんなものがなくたって

 

S

きみはきみで

人間に生まれてきたって ことくらいしか

ぼくと同じ部分はないんだ 本当は

共感なんて嘘だ

嘘だろうけど それでも

輝いているように見えて

 

きみはきみで

「人間に生まれてきてしまった」なんて

ぼくと瞳をただ合わせて 本当に

綺麗にまぶたを閉じる

芸術的だと思ってしまったのに

救われてしまうんだ きっとこれから