cimon shoe nuts

作詞おきば

振り返り ずっと逃げてたかったよ~滲むことのない まで

全く関係ないけど、作詞始めたころにためてたデータが

ぶっとんでしまって、ちょっと憂鬱です

特に一番最初にアルバムに起こそうとして書いてたやつは

思い入れもあるし自分のなかでも大切な経験を元に書いたものが多かったし

やっぱ紙とかで残しておくほうがいいんかな・・・

なんかいい感じのペンでも買ってみようか...

 

ずっと逃げてたかったよ(2018年)

ある種開き直りというか

不真面目だ、とか自分の優しさは相手が自分を悪く思ったときに許してもらうためだとか

そういうのを認めていかなくちゃいけない気がして

その作業の末に傍にいてほしかったこととか、欲望だってもちろん認めつつも

手が届かなくなることがその関係のすぐ近くにあるからこそ、

傍にいることを実感できる、っていうことに気づいて。

結局のところ全体的には自分かわいいかわいいって慰めるような詩ではあるけど

個人的には新境地というか。そんな感じに振り返ってみると思います

別に自分がそんな人間ってわけじゃないんだけどさ

ナイーブさがにじみ出てるなあ、って人が

無理やり自分を変えようとしているさまよりも

弱い部分は受け入れつつ。自分にしかないものとまでは言わずとも

少しの強かさがある部分に気づく瞬間は美しいなと思います。

そういう詩に受け取ってもらえていればなにより

 

who knows what I need(2018年)

これもちょっと新しい考え方をしている気がする

空気とか鼓動とか、ビートとか。サビ部分の言葉選びは少しだけ青臭いようにしてるんだけど

学生のころとかってなんとなく「世界は絶対どこか間違ってる」なんて思うもので

死んだビートってようは、廃れてしまった音楽のことを指していて

それこそこんな青臭いやつだったら自分の好きな音楽が受け入れられないことに

世の中は、とか見る目ないやつばっかり、とか腐っていそうなものだけど

それもそういうやつが思っている見る目がないやつと同じようなことであって。

隔たりはきっとすぐに飛び越せる、って音楽に限らず

偏見なくあらゆるものに手を伸ばせるようなことの比喩表現で書いているつもりです

でもタイトルは、俺が何を求めているか誰か知ってる?って文法あってるかは知りませんけど

世界に間違いはないことを認めたとき、じゃあ何を求めて生きるんだろうって

幅広くなりすぎになると思うんですよ

でもちょっとだけ、むしろ誰かに自分は何を求めるのが似合ってるか教えてほしいようでもあって

言葉だけだと排他的というか自己完結してる上で吐き捨てるような印象でやさぐれてるように感じるんだけど、

この詩の主人公の世界観から出てきた言葉だとすれば、むしろ凄く外に開いているような言葉にも見えてくる。

英語にしたのはもちろん中学生っぽくするためです。笑

 

滲むことのない(2018年)

これは割かし個人的な詩ですね

去年詩にもした持病の影響で記憶力が凄まじく落ちていて、やけを起こしそうになることが多々あります。

安楽死ボタンがあるなら多分押すだろうな、とか思っていたりもするけど

そんなこと考えるまえに、生きるとか死ぬとかとりあえず手放そうよって感じで

Cメロ部分、ああくだらないなって思ってたようなことで

でも自分がまさにそんなような人間になっちゃってるようで

記憶が薄れるというか、すぽっと忘れちゃうことって

忘れたにしてもその記憶の経験はたぶん自分の中に滲むようにしみこんでいっていて

それがどことなく嫌な感じで

それと比較すると滲まない、ってそれこそぽっかり抜け落ちてしまっているようだけど

そうであったとしても、確かなことだったんだよって

思ってあげなくちゃこの先、本当に死ぬために生きてるようだし生きたいのに死んでるようだし

ただ、記憶に限った話じゃなく

みんなどこかそんなものかな、って思ったら

ちょっと楽になったというか、、、めちゃくちゃ自己中な詩だな...