cimon shoe nuts

作詞おきば

ずっと逃げてたかったよ

A

僕は不真面目で

"それでも良いんじゃない"って

思いながら 背中を丸めて

 

僕の優しさは

”許してほしい” ただ それだけで

目を伏せた 背中がまぶしくて

 

B

良くねえ

真っ直ぐに生きてみたいとき

見つめることはどれだけ大事か

やりたいこと 知ってみたいこと

さぁ背筋を伸ばして

 

S

いつでも遅いなんてそんな

ことはないから想像 してみるよ

許さなくてもいいんだ

ずっと一人になっても

 

いつでも傍になんてそんな

ことはいいから気持ち 開いてさ

いなくなってもいいんだ

それもまた 背を 伸ばしてくれるから

 

B

良くねえ

真っ直ぐに生きてみたかった

見つめ続けたあの瞳に

やりたいこと 知ってみたいこと

どれだけ薄っぺらでも

 

 C

良かったよ

僕が僕で そして

包まれるそんな日は 二度と来なくても

それで良い 良いんだ

 

S

いつでも遅いなんて そんな

ことはないから想像 してみるよ

許せないよな うん

ずっとこれから

 

いつでも傍になんて そんな

本当に思ってたよ 嘘じゃない

だけどいなくなってもいい

そんなときもあるし

だから傍にいるんだって 思えるだろ