cimon shoe nuts

作詞おきば

振り向いて

A

こんなことばっかだね

想像さえもして いなかった

未来はくるくると 脳みそに

いつでも あるとそう 思ってた

 

そんなこともないんだね

表情なんて 見たくないよ

未来はくるくると 閉じこもる

だけど僕たちは あの街に 振り向いて

 

B

そう 下らない時間が過ぎ

夕焼けは寂しさ なんて

よく分かっていなかったけど

今君は 重なるよ

 

S

思い出すのは

笑顔と星が取り巻くすべて

君が輝いていた

スタートライン 位置について

 

狭い記憶でさえも君はただ

ヒーローみたいに 笑っている

僕たちは朝を迎えて

ゴールがどこにあるか探してる

 

B繰り返し

 

S

思い出すのは

笑顔と星が取り巻くすべて

君が輝いていた

スタートライン 煙のなかで

 

狭い記憶でさえも君はただ

ヒーローみたいに笑っている

僕たちは朝を迎えて

きっと 少しだけ 背が伸びる

 

■■■■

 

RIP

記憶にいるあなたはただただ、カッコいい男の子でした。