読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cimon shoe nuts

作詞おきば

暗闇の中でも

A
宇宙の隙間に
産み落とされたことに
気づかずとも 息をしている
ただそれだけで
世界の中心にいられる
そんな気がしていたよ

 

B
実は端っこで
か細く 未来にため息を
ついているだけ それでも

 

S
この眩い光に
眼は閉じたくなくて
焼き付いてくれ もう二度と
消え去りたいなんて思わぬように

 

この眩い光は
誰を照らすでもなくて
僕のようには ならないな
孤独の意味を知っている そんな 光

 

A
体は矛盾して
もう動かない ことに
気づかずとも 息を続けてる
ただそれだけで
心が中心にあると
そんな気がしていたよ

 

B
実は端っこで
それでも息をしているなんて
誰もしらないんだ それでも

 

S
その賢い痛みに
心を閉じたとしたって
焼き付いてくれ もう二度と
消え去ることは出来ないと知るために

 

この眩い光は
誰を照らすでもなくて
ただ 僕は浴び続けている
光に意味はないとしても そんな 痛み

 

B
実は端っこで
か細く 未来にため息を
ついているだけ それでも

 

S
この眩い光に
眼は閉じたくなくて
焼き付いてくれ もう二度と
消え去りたいなんて 思わぬように

 

この眩い光を
目指して 目指している
誰かを照らせるように きっと
孤独の意味を忘れさせる そんな
光に