cimon shoe nuts

作詞おきば

振り返り ボーイミーツワールドについて

こんにちわ

風邪っぽい症状の中なんとか仕事をしています

世間ではそういったときに出勤させるなんてブラック企業だ!とか言うみたいですが

俺は仕事が好きだし、会社の人達も大好きで信頼しているので

むしろ自分からやらせてくださいと頼みました

幸いそこまで酷い風邪にはまだなっていないので、さしたる影響もなく…

 

ボーイミーツワールド(2014年)

当時一緒に曲を作ろうとしていた同居人と初めてプリプロを完成させた曲です

同居人の友人に音楽系の学校に通っている人がいて、

課題にそのままプリプロを出してくれたり…想い出深いです

 

歌詞は二人とも好きなthe pillowsらしいオルタナ感を目指して書きました

タイトルは今になってつけたものだけど、それなりにお気に入りです

まーたセカイ系な、君と僕の話に見せかけて登場人物は少年だけです

でも、君と僕の話に捉えても全然いいと思います

受け取り方は人それぞれなので

 

これを書き始めたきっかけは、その同居人との会話で

「コーラ毎日飲んでるけど頑なに缶のコーラ飲むよな」

「欲を言えば瓶が最高なんだけどないから缶にしてる」

「それ曲にしようぜ」

というしょうもないやりとりがあって、翌日書きました

ストリートボーイとかステディボーイとか、謎のカタカナもそれっぽくて割りとお気に入りです