cimon shoe nuts

作詞おきば

mirror

A
時間はするすると流れる
だけど穏やかだ 君みたいに
針に触れてみる
止めたかったんだよ この時を

S
わからないだろ
いつか終わる青 その憂いは
新しい始まりを迎えて
赤く 赤くなっていくよ
その瞬間に
浸っていたかったな

A
時間はするすると流れる
だけど穏やかだ 知らなかった
君の言葉の奥に
手を伸ばしていく 触れるため

S
わからないだろ
いつか終わる青 君と僕
新しい始まりなんてなくて
赤く 赤く 消えていくよ
その瞬間を
忘れ去りたかったな