cimon shoe nuts

作詞おきば

作詞 2017年

その一歩に

A いつかは正しい存在に なれると思いながら まだ そうではないから あの笑顔も伏せた瞳も 俺のものではなかった B 昨日のことみたいだ 一瞬だけ 本物だったときが 腐りきってもそう思わせるほど 輝いていたんだな S 拍手を送ろう 思い出なんて名前を つけず…

cinema repeat painless

A どんな物語だって 敵いはしないのさ フィルムの中で流れる 涙は僕のものじゃない どんな悲しみだって 触れられないと知って 記憶の中で流れる 涙は誰のためだろう B 一番になりたくてなんて 思った覚えは ないけど 一番になって しまったら 応えてあげられ…

電子の海

S星空の下 キスをしたあまねく数字の その海へ誰かがため息をついても知らないから 正しいことなんて A揺られ微睡むこの道のりは煌めくすべてに満ちている僕の心が映りはしないってそう感じて うなだれて Bあのやりとりは光が運んで世界の速度に驚くこともな…

暗闇の中でも

A宇宙の隙間に産み落とされたことに気づかずとも 息をしているただそれだけで世界の中心にいられるそんな気がしていたよ B実は端っこでか細く 未来にため息をついているだけ それでも Sこの眩い光に眼は閉じたくなくて焼き付いてくれ もう二度と消え去りたい…

pray for me

A少しずつ記憶が 心が体よりも進んでいく世界を置いていく手を振ることもなく 別れるよ B孤独と笑われるその手に何かを持っていなければいけないなんて呆れても仕方はなくなって S手を繋ぐよ他の 誰でもなく愛でもなく 君と 手を繋ぐよ他に 何もなくたって愛…

自問自答

A満たされてしまったらもう景色は進まないよそれでもいいのかい僕は答えも聞かずに B知っていた飽きることなく求める 誰かがそれを愛と呼ぶ そんなちっぽけなものに 興味なんて A満たされてしまってもその向こうがあるのならそれならいいのかい僕は答えも聞…

mirror

A時間はするすると流れるだけど穏やかだ 君みたいに針に触れてみる止めたかったんだよ この時を Sわからないだろいつか終わる青 その憂いは新しい始まりを迎えて赤く 赤くなっていくよその瞬間に浸っていたかったな A時間はするすると流れるだけど穏やかだ …

film 2

A散らばる記憶と声に情熱の形に手をかざすよ意味なんて聞かないで少しの間このままでいさせて B足跡に突き刺さる理由を紙に書き出して祈るよ 未来をそのままで どこへだって Sいけるはずさいつか形は変わっていく景色は色を失くしていくその時 俺はどんな顔…

迷子

A手を繋いでくたばる誰かを見た残酷だ 僕は呟いたそうかしら 君は振り向いて 予感がしたカラスが鳴いていたんだ残酷だ 僕は呟いたそうかしら 君は振り向いて S飛び込む僕の全てが撒き散らした泡の反射に君はどこにも映っていなかった目は覚めやしなかった 飛…

青、君のこと

S風よ 持ってきて君を待つ理由 その真実を僕は 抗えないよ車輪のように 過ぎる日々 Bいつか、いつかなんて思ってた君の全てを知る そんな日は僕は、僕はなんて思ってた笑顔の 目の前で S風よ 持ってきて君を撃ち抜く そんな退屈を僕は 抗えないよ靴紐はほど…

for cure

A溶ける飴玉をみつめて君がいなくなればいいのにそうしたら同じように溶けていけるかな 永遠に S小さな瞳に赤らむ全てにさよならが言えなくて A溶ける気持ちはどうしたって君が踏み潰せばいいのにそうやって僕らは溶けてはいけなかった そうさ S小さな瞳に赤…

Talk about nothing

Aどうしようもなくこの体の奥に広がる常識は全てを受け入れてくれていた そんな何もない場所で昼間の怠惰に飛び込んでくるような優しさ 憎しみ君の全て B言葉を当てはめるのは疲れた輪郭を上手に 描けるなら 良いな筆に触れる指先に疾走る甘い痺れは君みたい…