cimon shoe nuts

作詞おきば

2018-08-03から1日間の記事一覧

朝焼けは蛍

Aこの街で たぶん僕だけしか 僕のことを知らない憂鬱で包んでみるんだ 言葉を誰かが 掬ってくれるように B地を這う虫みたいに意志なんてなく 目的だけで生きていけたなら Aこの街で たぶん僕だけしか 僕のことを知らない憂鬱なふりをしている 自分を勝手に …

Egoistic

A爆発させたいほどに溜め込んでいるものなんてないんだよ それでもたぶん生きているような気がするときは滲み出していくから B人はいつの間にかとても賢くなってしまってなんとなく形にしてみたらいつまでも残ってしまうそんな錯覚に 僕は溺れている S上等だ…

S恐れないでそのまま不器用なままでいいから 許さないでそのまま大嫌いなままでもいいから 恐れないでこのまま光のように時は進む取り残されても 君は 君のままで A望むように なれたなら傷つくこともないかな明日は白く 待っているその手を 待っている 愛し…

wood spice

Aなんとなく四十になろうが 五十になろうが変わらない気がする B歳を取る どうとも思っていなかっただけど少しは思わなくちゃいけないのかなそんな気もするんだよ S大人になっておっさんになっておじいさんになっても変われない気がするんだよいい事なのかな…