cimon shoe nuts

作詞おきば

2017-04-23から1日間の記事一覧

月は綺麗だった

A 浜辺に立った君が つまらなさそうに砂をすくう 海は冷たくて死ねそうだね なんて やっと微笑む 僕はしゃがみこんで つまらなさそうな君を見てる 心が渇いたそんなときには なんて やっと微笑む B このままで良いとは思わない だけど変わろうとも思わない …

泥と水溜まり

A 綺麗でいたいから せめて 汚いことは分かってるから 綺麗でいたいから せめて 一枚ぐらいは好きに させて S 柄にもなく 桜の色だとか 波打つ海の音にとか 見上げはしないけど 太陽が 生まれる瞬間とかに 惹かれるのさ A 認めてもらいたい だから どうでも…

ボーイミーツワールド

A おどけた仕草があふれて 彼は世界と友達だった その手はなんにも出来ない、ただ すてきなフレーズの指揮がとれる B コーラは缶がいい 欲を言えば 瓶が最高 駄菓子の当たりがどっさり ただ ストリート・ボーイ S 怖がってる何かを知ること 喜んでる何かわか…

Steve

A その孤独に 寄り添うんだろ 決めたんだろ B 冬に迷い込む甲虫 鳴り終わらない秋の油蝉 二度と春に戻れぬ蝶々の ように S 或いはそれは ただ 美しいんだって 或いはそれが まだ 分からなくとも 本当にそんな 奇跡のような ものになれるなら いとわずとも 良…

mirror

A時間はするすると流れるだけど穏やかだ 君みたいに針に触れてみる止めたかったんだよ この時を Sわからないだろいつか終わる青 その憂いは新しい始まりを迎えて赤く 赤くなっていくよその瞬間に浸っていたかったな A時間はするすると流れるだけど穏やかだ …

film 2

A散らばる記憶と声に情熱の形に手をかざすよ意味なんて聞かないで少しの間このままでいさせて B足跡に突き刺さる理由を紙に書き出して祈るよ 未来をそのままで どこへだって Sいけるはずさいつか形は変わっていく景色は色を失くしていくその時 俺はどんな顔…

迷子

A手を繋いでくたばる誰かを見た残酷だ 僕は呟いたそうかしら 君は振り向いて 予感がしたカラスが鳴いていたんだ残酷だ 僕は呟いたそうかしら 君は振り向いて S飛び込む僕の全てが撒き散らした泡の反射に君はどこにも映っていなかった目は覚めやしなかった 飛…

青、君のこと

S風よ 持ってきて君を待つ理由 その真実を僕は 抗えないよ車輪のように 過ぎる日々 Bいつか、いつかなんて思ってた君の全てを知る そんな日は僕は、僕はなんて思ってた笑顔の 目の前で S風よ 持ってきて君を撃ち抜く そんな退屈を僕は 抗えないよ靴紐はほど…

for cure

A溶ける飴玉をみつめて君がいなくなればいいのにそうしたら同じように溶けていけるかな 永遠に S小さな瞳に赤らむ全てにさよならが言えなくて A溶ける気持ちはどうしたって君が踏み潰せばいいのにそうやって僕らは溶けてはいけなかった そうさ S小さな瞳に赤…

Talk about nothing

Aどうしようもなくこの体の奥に広がる常識は全てを受け入れてくれていた そんな何もない場所で昼間の怠惰に飛び込んでくるような優しさ 憎しみ君の全て B言葉を当てはめるのは疲れた輪郭を上手に 描けるなら 良いな筆に触れる指先に疾走る甘い痺れは君みたい…