cimon shoe nuts

作詞おきば

はじめに

趣味で作詞していたら数が結構なことになってきたので ネットに放り投げるために開設しました メロディも頭のなかにありますが おたまじゃくしが分からないので作曲はできません AメロBメロCメロと、サビ部分はSと表記してあります 感想はお気軽にください、…

その一歩に

A いつかは正しい存在に なれると思いながら まだ そうではないから あの笑顔も伏せた瞳も 俺のものではなかった B 昨日のことみたいだ 一瞬だけ 本物だったときが 腐りきってもそう思わせるほど 輝いていたんだな S 拍手を送ろう 思い出なんて名前を つけず…

cinema repeat painless

A どんな物語だって 敵いはしないのさ フィルムの中で流れる 涙は僕のものじゃない どんな悲しみだって 触れられないと知って 記憶の中で流れる 涙は誰のためだろう B 一番になりたくてなんて 思った覚えは ないけど 一番になって しまったら 応えてあげられ…

電子の海

S星空の下 キスをしたあまねく数字の その海へ誰かがため息をついても知らないから 正しいことなんて A揺られ微睡むこの道のりは煌めくすべてに満ちている僕の心が映りはしないってそう感じて うなだれて Bあのやりとりは光が運んで世界の速度に驚くこともな…

暗闇の中でも

A宇宙の隙間に産み落とされたことに気づかずとも 息をしているただそれだけで世界の中心にいられるそんな気がしていたよ B実は端っこでか細く 未来にため息をついているだけ それでも Sこの眩い光に眼は閉じたくなくて焼き付いてくれ もう二度と消え去りたい…

振り返り ボーイミーツワールドについて

こんにちわ 風邪っぽい症状の中なんとか仕事をしています 世間ではそういったときに出勤させるなんてブラック企業だ!とか言うみたいですが 俺は仕事が好きだし、会社の人達も大好きで信頼しているので むしろ自分からやらせてくださいと頼みました 幸いそこ…

振り返り Steveについて

こんにちわ 急いで出勤すると汗が吹き出るくらいに 夏が近づいてきている今日このごろですね 夏も冬も嫌いな俺にとっては、今ぐらいが永遠に続けばいいのにと思います Steve (2016年) タイトルは故AppleCEO、スティーブ・ジョブズより 僕はそもそもApple製品…

寂しくもない

A 忘れちゃったな誰かを愛するとか一人になっちまって忘れちゃったな B抱いた体の柔らかさとか綺麗な手のひらの色とかどうでもよくなって思い出せもしなくて Sなあ今なら間違いなどなく手を繋いで歩いていけるよ それは君ととかではなくて俺だけの話なんだ …

pray for me

A少しずつ記憶が 心が体よりも進んでいく世界を置いていく手を振ることもなく 別れるよ B孤独と笑われるその手に何かを持っていなければいけないなんて呆れても仕方はなくなって S手を繋ぐよ他の 誰でもなく愛でもなく 君と 手を繋ぐよ他に 何もなくたって愛…

振り返り mirrorについて

こんばんわ 仕事の現場が週末2週連続で協調性のないスタッフばかりのところで げんなりしました 俺の立場上しょうがないけど、一緒に同じ立場で入ったスタッフも同意見で そういうときにしっかり良い方向に環境を動かすようなことが出来ないのが凄くつらい …

自問自答

A満たされてしまったらもう景色は進まないよそれでもいいのかい僕は答えも聞かずに B知っていた飽きることなく求める 誰かがそれを愛と呼ぶ そんなちっぽけなものに 興味なんて A満たされてしまってもその向こうがあるのならそれならいいのかい僕は答えも聞…

memory , see me

A 欲しいものなんてとっくに無くて光を失った瞳が鈍く開く見下ろすよ この深い海から痛みを手に入れた心は強く、強く B手のひらを開いて1,2,3,4,5良かった人間なんだ誰とも変わりはしないんだ S過ぎ去っていく記憶のなかで笑っている消え去ってくれ記憶のな…

振り返り film 2について

こんばんわ 仕事や趣味で、上手くいったときに たまたま運が良かった、って考える人おおいかとおもいます 俺の仕事は技術も大事だけど結果を出すのにある程度運も関わってくる仕事で 冷静に考えれば別に俺じゃなくても、誰でもこの結果を出せたな、って 思う…

HIGHWAY BLUE GLORIA

A 有線 有線あの声を聞かせてハイウェイ 深夜 運命 欺瞞を有線 有線あの恋を戻してハイウェイ 到着 朝の陽に和いでいた有線 有線あの声を聞かせてハイウェイ ターンバック センチメンタル いつまで居るんだよ S宇宙に花が散ったならあの愛が歴史となるなら誰…

振り返り 迷子について

こんばんわ 詩に限らず文章を書く、というのは本当に好きで ついこういうのも頻繁に書いてしまいますね 誰かが見てくれて反応しやすいように出来ればそれが一番なのですが こういう日記みたいなものをつけていてもなかなか反応はありません 自己満足なことに…

振り返り 青、君のことについて

こんばんわ コートは脱げるようになったけどまだ夜は肌寒いですね 人混みが苦手ななか満員電車で帰ると色々な人がいるなと思います 嫌な人よりも素敵な人のほうが記憶に残るのは本当良い性分に生まれてきたなと思う、 外人のカップルが二人でお婆ちゃんに席…

カフェイン40mg

A 瞬き、ずっとシャッターが空いてる気づけば「文字の羅列」は可愛いあの子になって目を合わせずだけど俺に微笑んでいた Sディストーション一生続くんだぜ朽ち果てる時まで意識があるのか知らないがこれがこれがこれが!俺の人生で たぶん 意味なんだ Aひと…

振り返り for cureについて

一日1つ以上の詩もしくは この振り返りを行おうと思っています まだ投稿していないものでも20曲ぶんくらいありますが 新しく書くこともしていきたいし、そのために今まで書いてきたものの整理もしたい for cure (2017年) タイトルは癒し、救済のためにみた…

振り返り Talk about nothingについて

こんばんわ 作詞は2014年夏ごろからやっています 当時一緒に住んでいた同居人が音楽やってて バンド組みたいね、曲作りたいねって話をしていて その子は逆に歌詞がまったくかけない人だったので それなら作曲出来ない俺が書いてみるわ、というのが始まり 結…

Rainy you

A しとしと 粒が振る光が差して地面に広がる銀河 そういえばこんな日に君と出会ったんだっけ Byou know love俺にはなかったんだyou glow love君は 気づいてたのかい S君のことが好きだったんだ僕は 僕は君が忘れられないものになる僕は 僕は君の全てになりた…

嘘とほんとうのアンサンブル

S 人差し指でふくれた頬に触れる困っていないのに困った目をして 僕を見る愛していないのに愛しているという僕のように僕を愛しているのにきらいだとわめく君がいた 夏 Aびいどろが乱す光流れ出すさまはアルペジオ心臓が揺らすこころ規則正しいようなバッキ…

綺麗事

A なんか世界はもう駄目らしくってさみんな見てみぬふりをしているらしいんだ俺は世界のことは知らなくてだけど他人事とも思っていない そういえば少しだけ知ってることがあるんだ君はたぶん、おそらく、きっと世界に怯えてる俺は世界のことは知らないよだか…

FLY TO THE NIGHT

A 明日なんていらないんだこのまま 沈み込んでたい僕には この夜が輝く 深い 空にみえるよ 昨日だって 腐ってたさそれでも いいんだって そう誰かが 言っていた白く 眩い 綺麗な顔で S飛び込んで そう 離さないで君にだけ教えてあげるよ今日だけは そう 朝は…

月は綺麗だった

A 浜辺に立った君が つまらなさそうに砂をすくう 海は冷たくて死ねそうだね なんて やっと微笑む 僕はしゃがみこんで つまらなさそうな君を見てる 心が渇いたそんなときには なんて やっと微笑む B このままで良いとは思わない だけど変わろうとも思わない …

泥と水溜まり

A 綺麗でいたいから せめて 汚いことは分かってるから 綺麗でいたいから せめて 一枚ぐらいは好きに させて S 柄にもなく 桜の色だとか 波打つ海の音にとか 見上げはしないけど 太陽が 生まれる瞬間とかに 惹かれるのさ A 認めてもらいたい だから どうでも…

ボーイミーツワールド

A おどけた仕草があふれて 彼は世界と友達だった その手はなんにも出来ない、ただ すてきなフレーズの指揮がとれる B コーラは缶がいい 欲を言えば 瓶が最高 駄菓子の当たりがどっさり ただ ストリート・ボーイ S 怖がってる何かを知ること 喜んでる何かわか…

Steve

A その孤独に 寄り添うんだろ 決めたんだろ B 冬に迷い込む甲虫 鳴り終わらない秋の油蝉 二度と春に戻れぬ蝶々の ように S 或いはそれは ただ 美しいんだって 或いはそれが まだ 分からなくとも 本当にそんな 奇跡のような ものになれるなら いとわずとも 良…

mirror

A時間はするすると流れるだけど穏やかだ 君みたいに針に触れてみる止めたかったんだよ この時を Sわからないだろいつか終わる青 その憂いは新しい始まりを迎えて赤く 赤くなっていくよその瞬間に浸っていたかったな A時間はするすると流れるだけど穏やかだ …

film 2

A散らばる記憶と声に情熱の形に手をかざすよ意味なんて聞かないで少しの間このままでいさせて B足跡に突き刺さる理由を紙に書き出して祈るよ 未来をそのままで どこへだって Sいけるはずさいつか形は変わっていく景色は色を失くしていくその時 俺はどんな顔…

迷子

A手を繋いでくたばる誰かを見た残酷だ 僕は呟いたそうかしら 君は振り向いて 予感がしたカラスが鳴いていたんだ残酷だ 僕は呟いたそうかしら 君は振り向いて S飛び込む僕の全てが撒き散らした泡の反射に君はどこにも映っていなかった目は覚めやしなかった 飛…

青、君のこと

S風よ 持ってきて君を待つ理由 その真実を僕は 抗えないよ車輪のように 過ぎる日々 Bいつか、いつかなんて思ってた君の全てを知る そんな日は僕は、僕はなんて思ってた笑顔の 目の前で S風よ 持ってきて君を撃ち抜く そんな退屈を僕は 抗えないよ靴紐はほど…

for cure

A溶ける飴玉をみつめて君がいなくなればいいのにそうしたら同じように溶けていけるかな 永遠に S小さな瞳に赤らむ全てにさよならが言えなくて A溶ける気持ちはどうしたって君が踏み潰せばいいのにそうやって僕らは溶けてはいけなかった そうさ S小さな瞳に赤…

Talk about nothing

Aどうしようもなくこの体の奥に広がる常識は全てを受け入れてくれていた そんな何もない場所で昼間の怠惰に飛び込んでくるような優しさ 憎しみ君の全て B言葉を当てはめるのは疲れた輪郭を上手に 描けるなら 良いな筆に触れる指先に疾走る甘い痺れは君みたい…