cimon shoe nuts

作詞おきば

Suicide

A 光を むき出しにして 下品に 涎を垂らして 丸裸のまま 知り合って なんとなく愛し合ったりもする 真実 それはいらなくて 下品に 舐めとった 絆 丸裸になり 欲望に 従ってみてから 迎える B 生まれ変わる瞬間を 感じることは出来ない だけど あんなにも求め…

バンド組みます

OURSOUNDSというサイトで募集を出してみました。 僕自身まだまだ作曲は練習中で、今のところまだコードつける段階で1曲しか出来ておらず、、 でも、自分の責任で人を集めて、自分がやりたいことをやってみる、 色々怖いこと、不安なことも勿論あるんだけど不…

真剣にかきました

A それは少し 大人になって 世界を知ったときに 気づく 必要かどうかなんて分からない ただじっとりとこの身に 張り付いて B 嫌になるときは決まって あと10秒 いや 1秒でもいい 流れを止めたくなる 瞬間で S 全て終わったあとに 胸を撫で下ろすときに こび…

たった一つの

A 自分にとって どうでもいいものばっかり 溢れてるよな わかるよ そんな俺の気持ちだって お前にとっては どうでもいいものだよな 憧れるよ 必要ないんだ 自分以外は そうだろう B 知っているかい その痛みと同じ ものなんて どこにもないんだ お前だけの …

trip into

A わがままを 言ってみたくて どこか 赤らむようなかんじで そう 似合わないよなあって 分かっているよ そんなこと わがままに なってみたんだ どこか 白けるような瞳を そう 感じたりもするよ それでもずっと 肩は軽いんだ B 羽根なんてどうでもよくて 踏み…

夜にないている

A よく見て 俺の知るすべて 叶えたい願いとか 少しだけ 今なら 分かる気がするよ ほんの些細なお願いだって よく見て 星は見えなくとも 叶えたい願いは胸の中に 流れて なんて祈らないで その瞳の中をかき消して S 言えないなんてそんなことないよ 誰よりも…

そのリズムは等間隔で

A 君と いつか 手をつないで どこへも行けなくて 立ち尽くして ふと 横顔を見て ほっぺたを 撫でたいななんて B どう思ってるんだろう 知ってしまえば 上手くいく なんてこと 夢物語だと 思って A 君の 返事 手を離して どこかへ行きたいって 立ち尽くして …

はじめに

趣味で作詞していたら数が結構なことになってきたので ネットに放り投げるために開設しました メロディも頭のなかにありますが おたまじゃくしが分からないので作曲はできません AメロBメロCメロと、サビ部分はSと表記してあります 感想はお気軽にください、…

flower crown

S それはポップ あるいはロック なんでも君がいるだけで陶酔 余りをgive me ちょうだいfly high 見てなよ ずっと その場所で A こんな景色があるんだ 花びらを冠にした君が 形容できないステップで 散らしていく 笑顔で 持っていたものを手放して こんなにも…

彩色

A ぼくはね 芸術とかが世界を救うなんて 微塵も思っていないんだ 誰かのためではない そんなわがままに色は感じない S きみはきみで 人間に生まれてきたって ことくらいしか ぼくと同じ部分はないんだ 本当は 共感なんて嘘だ 嘘なんだろ そういってくれ 勝手…

振り返り 描けない理由とcimon shoe nuts

描けない理由(2018年) なんか感じるものはあれど、実際書いてみようと進めはするもののなかなか詩を完成させられなくて 自分がなんで作詞をしてるのか、作詞することで起きることは何なのか いろいろと振り返って見つめなおしてみようと思って書いた詩です…

full bloom

A 簡単なことだったね 一喜一憂する 自分に 気づくことはそんなに難しいことかな いいや 簡単なことだったね B 薄暗い意識に 沈み込んでいく時間は 誰よりも 自分らしいと そんなふうに感じたんだ S 笑って そう笑って 僕がそうしてるだけで 周りは そう周り…

希望

A はーぁ なんでこんなことしてるんだろ 「君のためになるから」 うるさいな 目の前から消えてくれ そうやって 一生関わらないでくれ B それはそれで寂しいなんて 思うこともあったよ いつからか 気づいたんだ 俺は 人が嫌いで 他人から見えてるだろう自分も…

振り返り ずっと逃げてたかったよ~滲むことのない まで

全く関係ないけど、作詞始めたころにためてたデータが ぶっとんでしまって、ちょっと憂鬱です 特に一番最初にアルバムに起こそうとして書いてたやつは 思い入れもあるし自分のなかでも大切な経験を元に書いたものが多かったし やっぱ紙とかで残しておくほう…

気のせい

S 切なさとか 悲しみとかを 言葉で表したいとか 別にしたいわけじゃない 一緒になんてなれなくてもいい それは気持ち悪いから A 前から言ってるだろ 知らないだろうな お前らにはわからないよ 分かったふうに笑うなよ S 喜びとか 気持ちよさだけで 生きてい…

振り返り プレゼント~sunnyday melancholic まで

プレゼント(2018年) ビルド・ア・ベア ワークショップって知ってる人いるかな? くまさんのぬいぐるみを作れるよ~っていうお店で 好きな見た目を選んで、綿をつめてもらって最後にハート型のぬいぐるみ?を入れて作るんですけど 小さなころにお母さんに連…

振り返り 消えて見せてよ~そんなもの まで

最近詩を書くことはあれど最後まで出来上がらないことが増えてきました 良いフレーズとか。情景とか幾度となく浮かびはするものの 形にする、完成させるっていうのは一回立ち止まってしまうととても難しい 曲に起こせたとしてたぶん2~3分強くらいの短いもの…

抜け出す為の

A 繭の中 いつまでも 優しい世界 まるで プラネタリウム 手を伸ばす べったりと ただ赤い痕がそこには 残る B いつか 蹴破らなくてはなあ そんなことを想像して 守られているだけでいい それが恥ずかしくなっていた S Shelter, 暖かな感情 嫌になってとかそ…

本当

A 何言ってるか自分もよく 分からなかったりもする 決めつけるなよ 人間誰でも 表裏 重なっていたりするから B 本当にどうでもいい 真剣に そうだと感じてる S 上を向いたまま下を見る 俯いているのに空がある 俺はそんなふうに 思うんだ 全てに良いも 悪い…

Please cue me

S ありがとうもう大丈夫 知らないことはまだまだあるから でも絶対に教えないで 封に指先が触れるとき just please, cue me A 落とした 物に未練なんて そんなことを 思いたくなる 揺られてる 心はいつだって sensed, I want it まだまだ 足らないから S あ…

cimon shoe nuts

A 見つめなおすことさえ 上手くいかないほどに視界は 濁って 光はここに あるとして 見ることも叶わないのなら B 強くはいられないけど ただ弱いとも思っていない 足音は止まって 刻んでいた 可愛いリズム 忘れてしまった S それでも 噛み砕いた 言葉を 吐き…

描けない理由

A あのくだらない意地にも理由が まとわりついているとばかり そしてそれは計り知れないほど 崇高なものだとばかり 思っていた 思っていたんだ B 少しずつ 欠けていく 振り向く こともない 少しだけ 気づいてる 少しずつ俺が俺じゃなくなっていること A この…

滲むことのない

A 少しずつ薄れていく そうだとばかり思ってた その実ぽっかりと 頭の中には崖がある 少しずつ求めていく それだけで確かに自分は 生きてるような気がしてる そもそも生きるってなんだ S 別に 死んでるわけじゃない それでも生きてる気はしない 欲しいものが…

who knows what I need

S 揺れる空気 静かな鼓動 僕らは間違わずこの世界に 生まれてきたから ただ生まれてきたから A 右も左もわからない ままに 温もりを愛と呼ぶことも知らずに 移ろう景色に体を委ねて 隔たりはきっとすぐに 飛び越せる S 揺らす空気 弾けろ鼓動 僕らは間違いの…

ずっと逃げてたかったよ

A 僕は不真面目で "それでも良いんじゃない"って 思いながら 背中を丸めて 僕の優しさは ”許してほしい” ただ それだけで 目を伏せた 背中がまぶしくて B 良くねえ 真っ直ぐに生きてみたいとき 見つめることはどれだけ大事か やりたいこと 知ってみたいこと …

振り返り しまっておきたい~溺れる まで

最近首をまわすと眩暈がひどくて、 真面目に整体とかマッサージとか通いたいです しまっておきたい(2017年) 詩とか、国語の授業で勉強したりすることとかあると思うんですけど 解説がついてたりとかが昔からほんっっっっっっっっとくだらねえと思っていて …

sunnyday melancholic

A あふれる優しさのなか 見つめてる 形容する言葉は ないくらい 僕は どうしようもなく ひとつ 探してた 滑らかに走る 記憶の筆跡 あまりにも他人だって いつ気付く B そうさ ボタン外して しらない温度をただ 想像して 恥ずかしめてみる 暗い部屋で あまり…

星の海

A なんてことのない その日は いつも通りに息をしていて 歴史なんて知らない顔をして 街はいつも通りに揺れている 幼い記憶を辿って 初めてがいくつも あったっけ 歴史なんて大したこともない 僕はいつも通りに家を出て B 2時間弱 落ちつかない 人の 海の中 …

プレゼント

S 愛しさ ぬいぐるみの心臓 揺らした 君の仕草に 可笑しさ こみあげる前に 濡らした あの 光のなかには いるんだ 君が A 伝わらない文脈 すっ飛ばしていいから フェルトみたいに 柔らかい えぐり取る それはただ S 愛しさ がらがらと音を たててさ 君の仕草…

特に悩まず書けてよかったやつ

shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.hatenadiary.com shoenuts.haten…